スタッフ

【お問い合わせ】
■株式会社現代ぷろだくしょん
〒161-0034
東京都新宿区上落合2-22-23
上落合ハイツ409
TEL:03-5332-3991
FAX:03-5332-3992
http://www.gendaipro.jp/

山田火砂子

山田火砂子

東京生まれ。戦後女性バンド「ウエスタン・ローズ」で活躍後、
舞台女優を経て、映画プロデューサーに。
実写版の「はだしのゲン」、「春男の翔んだ空」、「裸の大将放浪記」
など数多くの映画を製作・公開した。
初の監督作品としては、アニメ映画「エンジェルがとんだ日」がある。
これは重度の知的障害者である長女とともに歩んできた半生を題材としたもの。
「石井のおとうさんありがとう」は平成17年度児童福祉文化賞を受賞。
「筆子・その愛-天使のピアノ」は平成19年度児童福祉文化賞を受賞。
「大地の詩-留岡幸助物語-」は厚生労働省社会保障審議会推奨作品。
平成22年「日本映画テレビプロデューサー協会 功労賞」受賞。
著書に「トマトが咲いた」があるが、これは娘2人を育てながら、
映画のプロデューサーとしてがんばってきた、泣き笑いの29年間をまとめたもの。
他に「夢見る火砂子さん映画石井十次を撮る」。
また学校・施設・イベント等で、福祉、教育、子育て、
平和など幅広いテーマで講演活動も行っており、実績も豊富である

脚本和田登

児童文学作家・ノンフィクション作家。1936年長野県生まれ。信州大学教育学部卒。
小学校教師を早期退職、著述生活に入る。信州大学教育学部・上田女子短大非常勤講師を経て現在に至る。
-著書-
「唄の旅人 中山晋平」(岩波書店)、「旧満州開拓団の戦後」(同)、「松代大本営」(同)、
「キムの十字架の発見」(かもがわ出版)「キムの十字架」(明石書店)、 「想い出のアン」(岩崎書店)、
「十二歳の旅立ち」(講談社)、「武器では地球を救えない」(文渓堂)など多数。

映画化作品は今回の「望郷の鐘」(しなのき書房)で8本目日本児童文学者協会評議員・信州児童文学会長

【エグゼクティブプロデューサー】山田火砂子

【プロデューサー】国枝秀美

【協力プロデューサー】髙瀬博行

【脚本】来咲一洋、山田火砂子、中村敦夫

【撮影】長田勇市

【美術】津留啓亮

【装飾】田中真也

【録音】沼田和夫

【編集】岩谷和行

【音楽】後藤やすこ

【効果】柴崎憲治

【ヘアメイク】小堺なな

【衣装】佐藤真澄

【助監督】東條政利

【製作担当】金子哲男


【主題歌】「僕達は忘れない」−朱花−

【原作】「望郷の鐘」(しなのき書房・刊)

【題字】善光寺 長臈村上光田

【協力】阿智村

満豪開拓平和記念館

山本慈昭「望郷の鐘」映画製作を支援する会